妊娠~授乳期のラキソベロン使用体験談

以前から便秘体質で、漢方薬やポリフル・ガストン・ガナトンという薬を処方してもらい飲んでいました。
しかし、妊娠を機に、これらの薬の使用を控えなければならなくなりました。
しばらくは何も飲んでいなかったのですが、妊娠の影響もあり、便秘が悪化してしまいました。

産婦人科で相談し、最初に処方してもらったのがマグラックスという、マグネシウムの錠剤でした。
昔から妊婦に使われている薬だそうですが、私にはあまり効きませんでした。
便が多少ゆるくはなるものの、すっきり出る感じは全くありませんでした。

そこで、処方を変えてもらうように相談したところ、処方されたのがラキソベロンでした。
これはいわゆる刺激性の下剤だそうで、使用するのには少し不安がありましたが、妊婦にもよく使う薬だということなので、使ってみました。

使用してみたところ、私には合っていたようです。
かなりすっきりと出るようになりました。
ラキソベロンは、便をゆるくするだけでなく、腸の蠕動運動を促進する働きがあるそうです。

腸の蠕動運動が促進されている感じは、本当に実感できました。
そのくらいすっきり出ます。

また、ラキソベロンは、液体で1滴ずつ水に溶かして服用するため、量の調節が容易にできる点がメリットだそうです。
私の場合、体調によって、効きすぎてしまうことがあるのですが、その時は使用量を減らして調整しています。
1、2滴の量の違いで、かなり効き目が変わります。

無事出産し、授乳を開始しましたが、やはりホルモンの影響か、便秘が続きましたので、引き続きラキソベロンを服用しています。
出産直後の便秘は、産後の傷の治りにも影響すると思いますし、本当につらいと思うので、ラキソベロンで便秘改善できて良かったです。

現在も授乳中ですが、卒乳したら、ラキソベロンの服用をやめたいなと思っています。
妊婦にも使える薬とはいえ、刺激性の下剤なのであまり長く使いたくないのが本音です(主治医は、習慣性になることはないと言っていましたが)。

※口コミの内容は個人の感想ですので、薬の効き目を保証する内容ではありません※

おすすめ情報サイト

  • 妊娠~授乳期の薬について・・・妊娠と薬
  • マタニティ 妊娠・授乳期に注意したいこと・・・ホメオスタ
サブコンテンツ

このページの先頭へ